イスタンブール:オリエンタルな魅力を持つ街 イスタンブール 「もし人が世界をたった一度だけしか眺めることができないとするなら、イスタンブールを眺めるべきだ」と言ったフランスの詩人、アルフォンス・ド・ラマルティーヌAlphonse de Lamartineは、聖ソフィア寺院Ayasofyや、カラフルでにぎやかなグランバザールGran Bazar、そしてブルーモスクSultanahmet Camiiや、ボスポラス海峡Bosporusに沿った海岸通りを見つめていたのかもしれない。彼が何を考えていたにせよ、今日のイスタンブールは、そこを訪れる人々を魅了してやまない。この街には、目に見えるものだけでなく、心で感じるものがある。ミナレットとドームが織りなすホリゾンタルラインから、レストランから漂う芳香、そして色彩豊かでざわめきが絶えないバザールまで、イスタンブールは、見て、聞いて、触って、嗅いで、そして味わうものがたくさんある活気に満ちた都市だ。

ビザンティオンからイスタンブールまで この巨大な街の起源は、ここがビザンティオンと呼ばれていた紀元前667年にまで遡る。ローマ帝国時代にはコンスタンティノープルとなり、そして現在ではイスタンブールと呼ばれている。イスタンブールイスタンブールはその誕生から、ローマ支配、ビザンティン帝国の盛衰、十字軍の占領(1204)、そして14世紀からのオスマン帝国の栄華盛衰を経てきた。1923年トルコ共和国の成立が宣言され、アタテュルクAtaturkが初代大統領に就任し、首都機能はアンカラAnkaraに移された。そしてイスタンブールはトルコ政府の中心としての地位を失った。

発見・・・ イスタンブール 今日のイスタンブールは、ボスポラス海峡Bosporus金角湾Haliçによって3つの地域に分けられている。旧市街、新市街、そしてアジア側イスタンブールである。ツーリストの多くは、旧市街、観光名所が多いスルタンアフメットSultanahmetの半島で過ごす時間が多い。ベイオールBeyoðlu地区やイスティクラル通りIstiklal Caddesiはナイトライフで有名で、タクシムTaksimの辺りはボヘミアンな雰囲気が漂うエリアだ。スルタンアフメットSultanahmetには、ヨーロッパ側イスタンブール同様に旧市街の名所がたくさんある。

終わりの無いショッピングとアクティビティ イスタンブール その広さと数々の名所、そしてそこに住む人々に魅了されるだろう。グランバザールGran Bazarで有名なアナトリアのスカーフを買ったり、ガラタ塔Galata Kulesi でベリーダンスショーを観たり、本場ケバブを堪能したり。そしてトルコ伝統の公衆浴場ハマムhamamも忘れずに。お茶屋さんでは、道行く人々を見ながら水タバコを吸ったり、ミントティーや、ナッツやナツメヤシの実を使ったスイーツを堪能したりできる。

イスタンブール 多文化の融合 ヨーロッパアジアにまたがるイスタンブールは、ふたつの街から成り、新しいものと古いもの、東洋と西洋、そして伝統と流行が混在している。一貫性がないように見えるが、イスタンブールはすべてをうまく調和し、唯一無二の環境を作りだしている。

イスタンブールの人気観光アトラクション付近のホテル

イスタンブール

istanbul30.comが他のオンライン予約サイトより優れているのはなぜ?

- 当サイトはお一人様一泊30.00€を目安とするお手頃で格安な宿泊施設の専門サイト。
- 当サイトの予約システムはシンプルで安全、混乱一切なし。
- 良心価格で信頼できる宿泊施設のみをご紹介。手入れの行き届いたリーズナブルなホテルホステルB&B、ゲストハウスそしてアパートメント
- ユーザーコメントの確認や現地視察を行い定期的に宿泊施設の状態をチェック。